年賀状印刷【早割】

年賀状/郵便局の受付開始はいつから?2023年元旦に届けるポスト投函期限

郵便局が2023年・令和5年正月用の、年賀ハガキ受付を開始日するのはいつからか?そして、年賀状はいつから郵便ポストに投函できるのか?紹介します。

特に年賀状を受付開始前に投函してしまうと、普通ハガキとして扱われるので注意してください。

また、いつまでに年賀状を投函したら、1月1日元旦に確実に届くのか?についても合わせて紹介します。

 

郵便局・郵便ポスト投函の受付開始日は2022年12月15日(木)から

郵便局そして郵便ポストで、2023年正月用の年賀ハガキを受付開始するのは2022年12月15日(木)からです。

それ以前に、2023年正月用の年賀状のポスト投函はできませんので注意してください。

 

2022年12月14日(水)以前の投函は普通ハガキとして扱われる

郵便局は2022年12月15日(木)以降に「年賀」と書かれたハガキは、翌年の1月1日元旦から配達することになっています。

郵便局の公式ページに、以下の記述があります。

引受開始前(12月14日以前)に差し出された年賀状は、通常の配達日数により年内にお届けします。

出典:郵便局公式HP

 

2022年12月14日(水)以前に年賀状を出すと、普通ハガキとして扱われて年内に配送されるので注意してください。

 

2023年1月1日元旦に確実に届ける期限は12月25日(土)まで

1月1日元旦に確実に届ける期限は12月25日まで

2023年・令和5年の1月1日元旦に、年賀状を確実に届けたいなら、2022年12月25日(土)までのポスト投函が期限になります。

2022年12月25日(日)までに投函した年賀状は、確実に2023年元旦に届くことになっています。

どうしても元旦に届けないと行けない年賀状は、投函する期限を必ず守りましょう。

 

2022年12月26日(月)以降でも元旦に届く可能性あり

2022年12月25日(土)は、郵便局が正式に発表している期限です。

ただし、郵便局では「12月26日以降12月28日の間に差し出された年賀状も、できるだけ元旦に届ける」というアナウンスがされています。

あくまで推測ですが、自分が年賀状を投函した場所から、届け先が近くなら、2022年12月26日(月)以降でも元旦に届く可能性は高いです。

 

まとめ

郵便局・郵便ポストの年賀ハガキ受付開始日は、2022年12月15日(木)からです。それ以前に投稿すると普通ハガキとして扱われるので注意してください。

年賀状を、2023年1月1日元旦に確実に届けるなら、2022年12月25日(土)までのポスト投函が必須です。

 

また、家のプリンターなど自分で年賀状を準備しない場合、印刷会社に早く注文すれば【早割】で、お得になります。

当サイトでオススメしているのは、早割が安い印刷業者「ネットスクウェア」です。私も毎年、【早割】を利用してネットスクウェアに喪中はがき印刷を注文しています。

ネットスクウェアのメリットや価格、年賀はがきの仕上がりなど詳しくは以下をチェックしてください。

ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷が最大65%オフ【2023年最安値】
ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷が最大65%オフ【2023年】口コミ/評判ネットスクウェアは早割での年賀状注文が安いです。2023年令和5年正月用の年賀はがき印刷は早割最大65%、他の印刷業者と価格を比較しても最安値です。ネットスクウェアの年賀状印刷の申込み方法、ハガキの仕上がりをレビュー、注意点を解説します。...