年賀状印刷が安い【早割比較ランキング】2021年・令和3年、最安値は?

2021年の年賀状を、郵便局が受付開始するのは2020年12月15日(火)からです。

ネットから「年賀状印刷」を印刷業者に申込む場合、早く注文すればするほど【早期割引】(早割)という制度で、かなり安く利用できます。

年賀状の【早割】は、印刷業者によって早いところでは9月から始まり、12月・年明けまで続きます。早い時期に注文すれば割引率は高く、年末に近づくほど割引率は低くなります。

 

年賀状印刷は、早く申し込めば申込むほど、【早割】により安く印刷することが可能です!

ゆかり
ゆかり
皆様が当サイトで、料金が安く・仕上がりや納期に納得できる印刷業者を探せたら幸いです。

「喪中はがき」の方はこちら>>喪中はがき印刷【早割】料金比較

 

2021年「年賀状印刷」【早割】おすすめランキング

【早割】を実施している印刷業者はたくさんあります。一番安くネットで注文できるオススメの会社をランキング形式・トップ3で紹介します。

※比較条件はすべて50枚、写真1枚入り年賀状(写真入りで一番価格が安い印刷方法)、宛名印刷なし、で計算しています。2020年10月26日時点の当サイト調べです。

1位 ネットスクウェア
年賀3
どこの業者よりも早く「ネットスクウェア」の早割は2020年9月1日(火)からスタートしています。早割開始時の割引率は最大65%オフです。年末に向けて、割引額は徐々に下がっていきます。
【早割】割引率 62%オフ(2020年10月28日まで)
50枚の印刷料金 5,507円(税込)※はがき代込
年賀状のデザイン数 約1,000種類以上
スマホからの注文 簡単に可能

どの印刷業者よりも【早割】の割引率が高く、一番安く注文できるのが「ネットスクウェア」です。

10月28日(水)までの早割割引率は【62%】と、他の業者と比べても格安です。最初の早割は【最大65%オフ】でした。年末が近づくと割引のパーセンテージが低くなります。

ゆかり
ゆかり
私も毎年利用してるのが「ネットスクウェア」です。印刷の仕上がりもまったく問題ありません。

\ 今なら早割62% /

【ネットスクウェア】に注文

 

スマホで簡単に作成できて、私の一押しの印刷会社です。実際に私が体験した申込方法、年賀状印刷の仕上がりなど、詳しい情報は以下をチェックしてください。

年賀はがき印刷【早割最大65%オフ】2020年最安値はネットスクウェア
ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷は最大65%オフ【2021年最安値】2021年(令和3年・丑年)の「年賀状・年賀はがき印刷」を注文するならネットスクウェアが一番安いです。早割最大65%、他の印刷業者と価格を比較しても最安値です。ネットスクウェアの年賀状印刷の申込み方法、ハガキの仕上がりをレビュー、注意点を解説します。...

 

2位 おたより本舗
受注件数4年連続第1位の業者が「おたより本舗」です。「おたより本舗」は宛名印刷が無料、年賀はがきが通常63円のところ1枚58円で購入できます。また土日・祝日も電話サポート受付があります。最大のメリットは昼12時までの注文で、即日出荷してくれます。
【早割】割引率 37%オフ(2020年11月4日13時まで)
50枚の印刷料金 7,578円(税込)※はがき代込
年賀状のデザイン数 約1,200種類以上
スマホからの注文 簡単に可能

「おたより本舗」はネット受注件数5年連続第1位の印刷業者です。

デザイン2種類を選ぶ同時注文で最大47%オフになります。ほとんどの方は1種類の注文だと思うので、実質は37%オフです。

「おたより本舗」宛名印刷が無料、年賀はがきは1枚63円ですがは5円も安く購入可能です。

先着10万名様にオリジナルポチ袋、注文後にアンケートに答えると総額1,300万円のプレゼントキャンペーンもあります。

\ 今なら早割37%オフ /

【おたより本舗】に注文

 

また昼13時までの注文で、当日仕上げ・即日出荷可能です。急ぎで印刷した年賀状が欲しい場合は「おたより本舗」がオススメです。

私も1度、モニターとして注文したことがあります。年賀状印刷の仕上がりなど、詳しくは以下の記事をチェックしてください。

「年賀状」を至急印刷、今すぐ欲しい!翌日出荷「おたより本舗」のメリット
「おたより本舗」は年賀状印刷、最短当日仕上げ・即日出荷!【注文体験レビュー】「年賀状」「年賀はがき」を至急印刷、今すぐ必要な方は、最短当日仕上げ・即日出荷可能な印刷業者「おたより本舗」がオススメです。年賀状のはがき代、【早割】で印刷料金が安いです。ネットで注文可能な「おたより本舗」のメリット、注文するときの注意点も紹介します。...

 

3位 挨拶状ドットコム
ネットで注文できる年賀状印刷の老舗が「挨拶状ドットコム」です。若干値段はかかりますが、100人以上のクリエイターによる、高品質・個性的な年賀状デザインを選ぶことができます。
【早割】割引率 40%オフ(2020年11月23日まで)
50枚の印刷料金 8,001円(税込)※はがき代込
年賀状のデザイン数 100人以上のクリエイターによるデザイン約1000点
スマホからの注文 簡単に可能

ネットで注文できる年賀状印刷業者の老舗が「挨拶状ドットコム」です。

100人以上のクリエイターによるデザイン約1000点あり、高品質・個性的な年賀状が作成できます。

先着12万名に年賀状が収納できるBOX「きずなばこ」プレゼントがあります。

\ 今なら早割40%オフ /

【挨拶状ドットコム】に注文

 

自宅で年賀状を作るよりも断然【早割】が安い

年賀状を自宅で作成する方もいらっしゃると思います。

自宅で作成するために、例えばインクジェットプリンタ、インク、年賀はがき(50枚)、年賀状作成ソフトを揃えるとすると、概算で以下の費用がかかります。

  • インクジェットプリンタ 1万程度
  • 純正インク 5,000円程度
  • 年賀はがき50枚 × 63円 = 3,150円
  • 年賀状作成ソフト 3,000円程度

合計金額:21,150円

 

あくまで概算ですが、2万円程度の値段がかかってしまいます。

例えば、年賀状印刷業者「ネットスクウェア」に【早割最大】の時期に注文します。2021年の年賀状印刷(50枚)は、はがき代金込みで以下の値段です。

年賀状印刷50枚 合計:5,379円(税込)

※早割最大65%オフ時の価格です。

ゆかり
ゆかり
年賀状印刷はとにかく【早割】を利用して、早めに準備すれば、安くなります。

今すぐ【早割最大】で注文するなら>>ネットスクウェア

 

年賀状印刷を業者に頼むメリット

自宅で年賀状を作成する場合も、ある程度の費用がかかります。他にも以下の煩わしさがあります。

  • 年賀状印刷失敗のリスク
  • パソコンやプリンタの設定が必要
  • ソフトのインストールが必要
  • 年賀状作成の手間と時間

 

家で年賀状を印刷する場合は、印刷を失敗するリスクもあります。私の場合はプリンタに年賀状を入れる方向を間違えてしまい、逆向きに印刷されてしまいました。

ゆかり
ゆかり
家で年賀状を作成するには、意外とお金と手間と時間がかかります。

 

以上の、リスクや手間を省いてくれるのが年賀状印刷業者に注文する最大のメリットです。

年賀状・年賀はがき印刷の早割はいつから?

年賀状・年賀はがき印刷の早期割引(早割)は一番早い業者で、2020年9月1日からスタートしてます。

なるべく早く年賀状の注文をすれば、それだけ安くお得にできます。

ゆかり
ゆかり
毎年、年賀状を送っている方は必ず必要になるものです。早めに準備するだけやすいです。

 

【まとめ】年賀状印刷は早く注文するだけ安い

年賀状印刷は早く注文するだけ安い

どこの印刷業者に注文しようと、早く注文すればする程、【早割】の割引率は高く印刷料金は安くなります。

ゆかり
ゆかり
毎年、年賀状を出している方は、かならず必要になるものです。【早割】を利用してお得に注文しましょう!

 

迷っている方は、私が毎年注文しているネットスクウェアがオススメです。【早割】の割引率も高く、一番安く注文することができます!

 

今すぐ【早割】で注文するなら

\ 早割が安い /

【ネットスクウェア】に注文

「喪中はがき」も【早割】が安い

「喪中はがき」も【早割】を利用すると、安く注文することができます。

「喪中はがき印刷」に関する【早割料金比較】は以下の記事をチェックしてください。

喪中はがき印刷が最安値【早割最大!おすすめ業者ランキング】2020年版
喪中はがき印刷【早割比較ランキング】2021年安い会社、割引率最大は?喪中はがき印刷が一番安い、早割(早期割引)で安くなる業者を比較しました。2021年・令和3年正月用の喪中はがき印刷の料金を最安値ランキングで紹介します。喪中はがき印刷が【早割】で一番安く注文できるのは「ネットスクウェア」です。...