年賀状印刷【早割】

法人ビジネス専用の年賀状印刷早割は「年賀状維新ドットコム」15業種別2022年

法人ビジネス専用の年賀状印刷早割は「年賀状維新ドットコム」15業種別2022年

2022年元旦(令和4年・寅年)の年賀状・年賀はがきの受付開始は2021年12月15日(水)からです。

2022年1月1日、元旦に確実に届けたい場合は12月25日(土)までに投函する必要があります。

個人用の年賀状印刷業者のお得な【早割】サービスはたくさんあります。早割とは年賀はがき印刷を、早い時期に申込むだけ印刷料金が格安になるサービスです。

 

今回は法人用、お店を経営している個人事業主、といった会社が送るビジネス専用で、早割がお得な年賀状印刷会社を紹介します。

法人専用の年賀状印刷業者「年賀状維新ドットコム」は、ビジネスに特化したデザインが15業種あり、企業ロゴも無料で入れられるため業種イメージを訴求できる年賀状印刷が可能です。

さらに【早割】での割引率も高いため、ビジネス専用の年賀状印刷をするならオススメです。

法人専用ではない、一般的な年賀状印刷業者でもビジネスデザインはありますが、業種をイメージできるような素材はありません。

「年賀状維新ドットコム」の【早割】は2021年秋頃からスタートしていて、2021年12月18日【早割30%オフ】でした。年末が近づくほどパーセンテージが低くなります。

2021年正月用のビジネス専用の年賀状印刷は「年賀状維新ドットコム」が安いです。

ゆかり
ゆかり
ビジネス専用の年賀状は専門会社へ【早割】利用がお得です!
早割料金を今すぐチェック↓

\ 今なら早割20% /

【年賀状維新ドットコム】

 

ビジネス専用ではなく、とにかく【早割】で年賀状印刷を申込みたいなら「ネットスクウェア」の早割がやすいです。一般的な印刷業者ですが、ビジネス用のデザインも選べます。

年賀はがき印刷【早割最大65%オフ】2020年最安値はネットスクウェア
ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷が最大65%オフ【2022年最安値】2022年(令和4年・寅年)の「年賀状・年賀はがき印刷」を注文するならネットスクウェアが一番安いです。早割最大65%、他の印刷業者と価格を比較しても最安値です。ネットスクウェアの年賀状印刷の申込み方法、ハガキの仕上がりをレビュー、注意点を解説します。...

 

ビジネス年賀状印刷専用「年賀状維新ドットコム」のメリット

 

年賀はがきの印刷を「年賀状維新ドットコム」に申込む最大のメリットは、以下の通りです。

  • ビジネスに特化したデザインが15業種あり、企業ロゴ入れ無料
  • プロのグラフィックデザイナーが名入れ
  • 早割最大30%オフで印刷料金が安い
  • 差替え割(デザインは一緒で名入れのみ変える場合)

建設業/農業/士業など法人特化デザインのテンプレート15業種

「年賀状維新ドットコム」の大きな特徴は、ビジネス専用のデザインが15種類(420点)があります。年賀状デザインのテンプレートは以下の15業種と多岐にわたります。

  • ゴルフ
  • 神社仏閣
  • 士業
  • クリニック
  • 住宅
  • 情報通信
  • 農業
  • メンテナンス
  • 土木建築
  • 美容サロン
  • 車関連
  • 運輸
  • 介護福祉
  • 飲食
  • 機械金属

経営する会社の業種のデザインを選べば、お客様へ業種イメージを訴求できる年賀はがきの作成が可能です。

例えば建築業者であれば、2022年用にはトラがヘルメットを被り工事をしているデザインが「年賀状維新ドットコム」にはあります。

一般的な年賀状印刷業者にはないデザインで、法人に特化した「年賀状維新ドットコム」のメリットです。また企業ロゴを入れたり、会社の建物や社長・社員の写真を無料で入れることもできます。

 

「年賀状維新ドットコム」は一般的なビジネス用デザインの年賀状もあります。ただし、一般的なビジネスデザインを選ぶのであれば、早割最大65%オフのネットスクウェアが安くてなります。

年賀はがき印刷【早割最大65%オフ】2020年最安値はネットスクウェア
ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷が最大65%オフ【2022年最安値】2022年(令和4年・寅年)の「年賀状・年賀はがき印刷」を注文するならネットスクウェアが一番安いです。早割最大65%、他の印刷業者と価格を比較しても最安値です。ネットスクウェアの年賀状印刷の申込み方法、ハガキの仕上がりをレビュー、注意点を解説します。...

 

プロのグラフィックデザイナーが名入れ・企業ロゴ入れ

一般用の年賀状印刷では、自分で住所や名前を入力して確認しなければなりません。

「年賀状維新ドットコム」は選んだデザイン合うように、名前(会社名)・住所、企業ロゴをプロのグラフィックデザイナーが作成してくれます。

 

早割最大30%オフで印刷料金が安い

一般用の年賀状印刷では【早割】で安くなる業者が多いです。【早期割引(早割)】とは、早い時期に注文すれば、印刷料金が安くなるサービスです。

ビジネス専用の「年賀状維新ドットコム」でも早割最大30%オフになり、早い時期に注文すれば印刷料金が安くなります。

 

差替え割あり

「年賀状維新ドットコム」には差替え割もあります。同じデザインで、名入れ(会社名)のみ変える場合、1件1500円(税別)で変更できるサービスです。

同じ業種で、いくつかの会社を経営している法人、個人経営者の方にとってお得な割引制度です。

ゆかり
ゆかり
まずは業種別のデザインをチェックしてみてください!

今すぐ「年賀状」を注文するなら>>【年賀状維新ドットコム】

 

年賀状維新ドットコムの支払い、配送方法

年賀状維新ドットコムへ「年賀状印刷」の支払い方法は以下の3つが選べます。

  • クレジットカード払い(前払い)
  • 代金引換(440円)
  • 銀行振込(前払い)

配送業者はヤマト運輸、また日本郵便になります。代金引換の場合は「440円」の手数料がかかり、現金代引きのみとなります。

 

年賀状維新ドットコムの早割期間はいつから、いつまで?

今年の年賀状維新ドットコムの申込みは2021年秋頃から始まり、早割は【最大30%】からスタートしています。

2021年早割開始時点の最大の割引率は30%ですが、12月末に近づくほど、割引率が低くなります。

 

「年賀状維新ドットコム」への注文は、早い時期に申し込むとお得です。

現在の【早割】割引率を見る>>【年賀状維新ドットコム】

 

年賀状維新ドットコムに注文すると「ビジネス年賀状」はいつ届く?

営業日正午12時までの「校正OK」の連絡で、2営業日後の出荷予定になります。

年賀状維新ドットコムの注意点【宛名印刷ができない】

「年賀状維新ドットコム」の注意点として、宛名印刷ができない点があります。

宛名印刷とは年賀状の送り先の、名前(会社名)、住所を宛名面(表面)に印刷してくれるサービスです。一般の方に送る年賀状ではよくあるサービスです。

宛名印刷はデータを印刷業者に渡す必要があります。会社の得意先やお客に送るビジネス特化の「年賀状維新ドットコム」では、顧客情報漏洩問題などもあり、宛名印刷のサービスは提供していないようです。

また、会社のプリンターで宛名印刷だけする場合は、年賀状作成ソフト「筆ぐるめ」の宛名印刷・住所録プラス を利用するのがオススメです。宛名印刷のみに限定したソフトです。

「筆ぐるめ」が安いのは通販サイトの特別版、ダウンロード版は公式が最安値
「筆ぐるめ」が安いのは通販サイトの特別版、ダウンロード版は公式が最安値筆ぐるめ29(2022年・令和4年正月用)が安いのは通販サイト(楽天市場・ヤフーショッピング)です。パッケージ版ではなく、ダウンロード版は公式サイトが最安値です。Amazon、楽天、ヤフー、筆ぐるめ公式サイトの価格を比較、年賀状作成ソフト「筆ぐるめ29」の機能やメリットも解説します。...

 

まとめ

法人用・お店を経営している個人事業主といった会社が送るビジネス専用で、早割がお得な年賀状印刷会社が「年賀状維新ドットコム」です。

法人特化したデザインが15業種あり、企業ロゴも無料で入れられるため業種イメージを訴求できる年賀状印刷が可能です。

今なら「年賀状維新ドットコム」へ2021年12月16日(木)までに「年賀状印刷」を注文すると【早割】20%オフです!

注文の時期が遅くなればなるほど割引額が低くなります。ビジネスに特化した年賀状印刷を頼むなら、今すぐ注文すればお得です。

ゆかり
ゆかり
法人、個人経営者にオススメです!
早割料金を今すぐチェック↓

\ 今なら早割20% /

【年賀状維新ドットコム】

 

ビジネス特化したデザインではなく、とにかく【早割】で年賀状印刷を申込みたいなら「ネットスクウェア」の早割がやすいです。一般的な印刷業者ですが、ビジネス用のデザインも選べます。

年賀はがき印刷【早割最大65%オフ】2020年最安値はネットスクウェア
ネットスクウェアは早割が安い!年賀状印刷が最大65%オフ【2022年最安値】2022年(令和4年・寅年)の「年賀状・年賀はがき印刷」を注文するならネットスクウェアが一番安いです。早割最大65%、他の印刷業者と価格を比較しても最安値です。ネットスクウェアの年賀状印刷の申込み方法、ハガキの仕上がりをレビュー、注意点を解説します。...