喪中はがき印刷【早割】

「喪中はがき」はいつまでに出す?相手にを届ける期限は?年賀状受付前まで

「喪中はがき」はいつまでに出す?相手にを届ける期限は?年賀状受付前まで

「喪中はがき」は自分の親族に不幸があった年に、「喪に服すため年賀状を出せないこと」を相手に伝えるお便りです。

年賀状のやり取りをしている友達や知り合いなどには、必ず「喪中はがき」を届けるのがマナーです。

 

「喪中はがき」はいつまでに、相手方に届ける必要があるでしょうか?「喪中はがき」の必着期限を解説します。

 

「喪中はがき」は年賀状受付開始日【2022年12月15日】より前に届ける

「喪中はがき」は一般的に、11月中旬から12月上旬までに相手に届けるのがマナーとされています。

相手が年賀状を送る準備をする前までには、必ず「喪中はがき」が届くようにしましょう。

2023年・令和5年正月用の年賀状を、郵便局が受付開始するのは2022年12月15日(木)からです。

 

そのため、2022年12月15日(木)までに「喪に服すため年賀状を出せないこと」ことを相手に伝える必要があります。

毎年、年賀状で連絡している相手には、12月15日(木)より前に「喪中はがき」が着くようにしましょう。

 

喪中はがきを出し忘れたら「寒中見舞い」を出す

「喪中はがき」を忘れていたり、12月15日より前に出せなかった場合、年明け後の「寒中見舞い」を出すことで、相手に連絡することも可能です。

寒中見舞いは1月から2月上旬に出すお見舞い状です。最近では「年賀状を出せなかった場合」「年賀状の返事が遅くなった場合」にも寒中見舞いが利用されます。

 

年賀状で年に1回のみでやり取りしている友人や知り合いの場合、1回でも年賀状のやり取りがなくなると、一生連絡を取り合わなくなる可能性もあります。

「喪中はがき」が出せずに相手から年賀状を受け取った場合は、「寒中見舞い」を利用して、新年の挨拶ができなかったお詫びを伝えましょう。

寒中見舞いを印刷会社に注文するなら、【早割】注文することも可能です。詳しくは以下の記事をチェックしてください。

寒中見舞い/余寒見舞いハガキ印刷は「おたより本舗」の早割が安い!最短即日出荷
寒中見舞い/余寒見舞いハガキ印刷は「おたより本舗」の早割が安い!最短即日出荷寒中見舞い/余寒見舞いハガキ印刷は「おたより本舗」に注文すれば、早割(感謝割)で安く注文できます。「おたより本舗」は最短当日仕上げ・即日出荷で、宛名印刷も無料で安いです。実際に「おたより本舗」に注文したハガキ印刷の仕上がり、メリット、注文時の注意点も解説します。...

 

まとめ

「喪中はがき」は一般的に、11月中旬から12月上旬までに相手に届けるのがマナーです。

相手が年賀状を送る準備をする前、郵便局が年賀状の受付開始する12月15日前に「喪中はがき」を届けましょう。

「喪中はがき」を出す必要がある親族の範囲については、以下でまとめています。

「喪中はがき」を送る必要がある親族の範囲は?何親等まで?
「喪中はがき」を送る必要がある親族の範囲は?何親等まで?「喪中はがき」を送る必要がある親族の範囲は、「二親等以内の親族(祖父母/父母/子/孫/兄弟姉妹)」までです。「喪中はがき」の必要性についても解説します。...

 

家のプリンターなど自分で「喪中はがき」を準備しない場合、印刷会社に早く注文すれば【早割】で、お得になります。

ネットで注文できる印刷会社を利用すれば、挨拶文などを選ぶだけで10分程度で簡単に喪中はがきが完成します。

当サイトでオススメしているのは、早割が安い印刷業者「ネットスクウェア」です。私も実際に【早割】を利用して、ネットスクウェアに喪中はがき印刷を注文しています。

 

ネットスクウェアのメリットや価格、喪中はがきの仕上がりなど詳しくは以下をチェックしてください。

ネットスクウェア「喪中はがき印刷」の早割が安い【2022年最安値】口コミ/評判
ネットスクウェア「喪中はがき印刷」の早割が安い【2022年最安値】口コミ/評判「喪中はがき印刷」はネットスクウェアの早割が一番安いです。2022年の喪中はがきプリント価格は早割最大65%オフ、他社と比較しても料金最安値です。実際にネットスクウェアの「喪中はがき印刷」を申し込んだ体験談、印刷の仕上がりをレビューしました。...